女性の多くが悩むとされる更年期障害|閉経を経験すると少しずつ改善

医者とナース

早めの治療や対策を

聴診器

初期症状に敏感に

糖尿病というと、誰もが知りえる病気と言えるでしょう。自分には関係が無いと感じていても、その予備軍の人は実は沢山います。糖尿病は大人の病気というイメージを持たれがちですが、最近では子供にも増えているようです。生活習慣の乱れが原因でかかる事もあるので、日々の生活でも注意しておく事が大切です。糖尿病の症状は、初めのうちはあまり自覚症状がありません。ですので血糖値が高いという結果が出たとしても治療を受けない人もいますが、それでは手遅れになってしまう事もあります。糖尿病の初期症状として、喉の渇きや尿の回数や量が多い、体重が急激に減る、目のかすみ、立ちくらみなどが挙げられます。体の痛みなどの自覚症状が出ない為、これらの症状がずっと続くようであれば、一度病院に行く事をオススメします。

日々の生活での注意点

糖尿病を改善、予防するには、日頃から運動面食事面、睡眠、病院での検査、歯周病予防などに気をつける事が重要です。糖尿病の予防の食事としては、食べ過ぎない事、バランスの良い食事をする事がポイントです。カロリー制限をして、特に炭水化物をコントロールすると良いようです。また抗酸化作用の高い緑黄色野菜を、積極的に摂取する事も大切です。また薄味を心がける、よく噛む、食物繊維を多く含む野菜から食べるなど、細かいところも注意すると良いでしょう。決して難しい事ではないので、続けやすいです。また運動面でも、糖尿病を改善できます。適度な運動を行う事により中性脂肪を減らし、筋肉をつける事によって基礎代謝を上げる事ができます。少し早足で歩くことを心がけるだけでも、普段より多く筋肉を使う事ができます。