女性の多くが悩むとされる更年期障害|閉経を経験すると少しずつ改善

医者とナース

医薬品で血糖値を改善

女性

血糖値をコントロール

血糖値が高いと診断されたら、まずは運動や食事療法での改善を目指していきますが、そうした努力でも改善が難しい場合は糖尿病の薬で血糖値をコントロールする治療が選ばれることもあります。糖尿病の薬は血糖値を正常に保つのに役立ってくれますが、薬により違う特徴を持っています。食後の血糖値の上昇を防ぐためにインスリンの分泌を促進させるタイプもあれば、脂肪組織に働きかけてインスリンの働きを良くするタイプもあります。更に肝臓に働きかけることでブドウ糖の過剰な放出を抑えるタイプ、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進するタイプ、ブドウ糖の吸収をゆっくりさせ、急激な血糖値の上昇を防ぐタイプなどもあり、それぞれに最適な薬が処方されることとなります。

低血糖を防ごう

糖尿病の薬を飲めば血糖値のコントロールはより楽に行えるようになりますが、時には糖尿病の薬が効きすぎて低血糖を起こしてしまうことがあります。いつもと薬の量は同じでも運動量が増えていたり、食事を抜く、食事の量が少ないときなどは低血糖を起こしやすいので注意しましょう。低血糖の自覚症状としては動悸、冷や汗、ふるえ、脱力感などがあげられますので、こうした症状が起きたときは糖分を補給するようにします。インスリン注射に比べると飲み薬では低血糖の頻度は多くありませんが、食事の量が少ないときや運動を行う際は注意したいところです。薬を飲む時間がバラバラになってしまったり、飲む量を間違うことは良くありませんので、薬を飲む際は管理をしっかり行うことが大切です。