女性の多くが悩むとされる更年期障害|閉経を経験すると少しずつ改善

看護師

医薬品で血糖値を改善

女性

血糖値の改善には食事療法や運動も効果的ですが、それだけでは改善が難しい場合は糖尿病の薬による治療も考えていきましょう。こうした薬を利用すれば血糖値のコントロールがより簡単になります。薬の特徴はそれぞれ違いがありますので、どのような作用があるのかはよく確認しておきましょう。

もっと読む

かかりつけ医を見つける

病院

都筑区に住んでいる人は、都筑区で評判のいい病院を探しておきましょう。いざという時に役立ちます。内科はよくかかりやすいので、内科のあるところがお勧めです。交通の便が良く、一人でも通いやすいところがいいかもしれません。

もっと読む

閉経前後の不定愁訴の悩み

女の人

専門クリニックで治療する

女性は50歳前後に閉経を経験する人が多く、その前後の45歳から、55歳ぐらいまでが更年期の年代になっています。閉経をする年齢にも多少の個人差がありますが、更年期障害は顔のほてりやのぼせを感じたり、手足の冷えや腰痛、頭痛や耳鳴り、めまい、気分の落ち込み、無気力感などを感じる人もおられます。症状には多少の個人差がありますが、家事や仕事に悪影響が出ている人も少なくありません。更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、体の不調を感じる場合が多いので、辛い症状で悩んでいる人は専門クリニックに足を運ぶと、内服薬や漢方薬を処方してもらったり、必要な場合はホルモン補充療法などの治療が受けられます。不足している女性ホルモンを補うことで、辛い症状を改善する働きがあります。

閉経をすると改善しやすい

ホルモン補充療法は優れた効果のある治療法ですが、人によっては、副作用が見られる場合があるので、気になる症状が見られたら、医師に相談をする必要があります。40代半ばを過ぎると生理不順が見られる人が多いですが、漢方薬や植物由来成分で作られたサプリメントを服用すると、辛い症状が緩和することも多いです。更年期障害で悩んでいる人は、栄養バランスの良い食事を心掛けたり、無理のないストレッチやウォーキングなどの運動を続けることも大事です。寝つきの悪さを感じている人は、医師に睡眠導入剤を処方してもらったり、就寝前はパソコンやスマートフォン、テレビなどの視聴を控えることも大事です。更年期障害は閉経を経験すると、少しずつ改善することが多いです。

早めの治療や対策を

聴診器

糖尿病の改善には、日々の生活で簡単にできる事も沢山あります。しかしそれでも改善が見られない場合は、早めに病院に行く事です。主にインスリン注射などの施術や、血糖値を下げる為の薬の服用が挙げられます。